ブログ

解体工事

 土地を買ったことがある方はご存知の方も多いと思いますが、土地を売買する際には解体更地渡しという取引が多くあります。 売買契約が成立してから土地の上に建っている建物を解体し、更地にしてお引き渡しをするというものです。

 初めから更地にすればいいじゃんと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、なぜそうするかというと、住宅が建っている土地は固定資産税が安いというのが理由のひとつです。(売主様もできるだけ税金を余分には払いたくないのが普通です。)

 そのようなこともあり、不動産業者は解体工事の段取りのお手伝いをする機会が結構あるのですが、今回たまたま2件が重なり、それぞれの現場にお客様のかわりに立会いなどに行ってきました。お客様にとっては当然思い入れのある建物ですので、解体されていくところをみると私もちょっと寂しい気持ちになりますが、いままでありがとうですね。

2016.12.05